『ちょっくら四国へ...』

2017年09月27日

海が凪いでいたのでドライブ船で志度マリーナまで出張。
この弊社レスキュー艇YD28(82馬力)フルスロットルで23ktとかなりの鈍足。
スロットル控え目で巡航速力19kt/3000rpm。
牛窓からジャスト1時間!ということは航行距離19mile(35㎞)
時間に余裕があったので帰りは所々で魚群を探査しながらの航海となった。
ちなみにこの日の燃料消費量(軽油)25letter。

photo photo

photo photo

『船上パーティー』

2017年09月24日

大阪のクリエイションさんで開催されたHORIZON社30周年記念ボートショー&パーティーお招き頂く。
思い起こせば3年前台湾ボートショーの際もクリエイションさんの計らいで現地工場を視察。
今回73MTの内覧会であったが拝見する度豪華さが増しており溜息が出る。
さすがモーターヨット界ではアジアで唯一世界のベストテンに名を連ねるだけのことはある。
日が暮れかかるとジャズの生演奏が流れパーティーが始まる。
そしていつになくお洒落したクリエイション新谷社長登場、挨拶では27年間に56隻建造したお話。
続いて記念すべき輸入1号艇のオーナーさんのお話を感慨深く聴かせてもらう。
最後はHORIZON社ジョン・ルー社長による堅いパートナーシップで結ばれているお話。
雰囲気満点のロケーションで豪華ディナーを頂き暫し優雅な時を満喫しました。

photo photo

photo photo

『船外機換装』

2017年09月23日

暑さ寒さも彼岸まで...
その言葉通りめっきり涼しくなり過ごし易くなった。
タイ、アジ、タチウオ、アオリイカを狙うには正にベストシーズン。
灼熱地獄の夏影を潜めていたたアングラー達も始動、沖に出る船も一気に増えた。
工場では船外機の換装作業を日々行っております。

photo

SRX-EX新艇のセッティング

photo

YF21HTにはニューモデルF90Cを搭載

photo

SRV23にはF115を搭載

photo

W25にはF150を搭載

『じゃこ釣り』

photo photo

2017年09月20日

ここ数ヶ月タイラバやヒトツテンヤで真鯛ばかり追っかけていた。
これに少々飽きたというか...でもこれは嘘!
本音は直近思うような釣果に恵まれずターゲットを変更しただけ。
磯際に船をかけチヌ、ベラ、カワハギ、フグ、グレと正に五目釣り。
雑魚釣りの面白さは魚によってアタリもヒキも違うところ。
今日は半日で30匹の獲物に大満足であった。

『完成間近』

2017年09月21日

久々の芦屋マリーナ。
隣接地に建設中は完全会員制リゾートホテル「芦屋ベイコート倶楽部」
このお洒落なホテル来年2月オープンとか...
会員にはなれそうもないが完成したら是非見学したいと思う。

photo

豪華客船風建物

photo

ホテルからマリーナの眺望を観てみたい

『台風18号』

2017年09月18日

台風18号は昨夜明石に再々上陸した後日本海に抜けた。
大型で強い台風の接近に近隣住民も色めき立つ。
テレビ報道に加えスマホからは避難を促す不気味なエリアメールが一日何度も鳴る。
そのせいか避難港に廻す船も普段より多く見られた。
最も心配されたのは高潮、当初の進路は牛窓の西側と見られていたが実際には東100㎞を通過。
結果的にこれが幸いした。
午後9時半の満潮時既に風向は西に変わっており吹き寄せによる海面上昇(プラスアルファー分)は免れギリギリセーフ。
ということで今回しんどい思いで築いた100個の土嚢は役目を果たさなかった。
しかしまた忘れたころにやって来るのが災害である。

photo

昨夜の最高潮位

photo

ホテル・リマーニ前の道路は冠水

photo

一夜明け正に台風一過、言葉通りの晴天

photo

これから元に戻す作業開始!

『台風対策』

2017年09月16日

ここ三日ほどヤマハディラーミティングや関東での査定やらで店を空けていた。
其のすきに台風18号がじわりと接近...
実はこの18号私のボート屋人生において最悪の台風(平成16年16号)にコース勢力共に酷似。
高潮で事務所も倉庫の船外機も車も水没しになった苦い思い出がある。
このままだと明日夜の最接近と満潮(264㎝)の時刻が重なってしまう。
今日は船の上架と工場&事務所の荷物揚げ。
明日は土嚢積みと排水ポンプの設置、最後は高台に車の避難。
こんな感じでここ数日は日常業務は休止状態。
また係留艇は係船索・防舷材の補充とオーニング、スパンカーの養生を風雨の弱いうちに行って下さい。

photo

マリーナは満杯

photo

傍の避難港も船で溢れている

photo

部品庫も50㎝浸水を想定

photo

セッティング工場も荷物で溢れている

『秋の牛窓朝市』

photo

2017年09月12日

毎月第二日曜牛窓漁協で開催される牛窓朝市。
ちなみに冬の主役はカキ、春はサワラ、夏はマナガツオ、そして秋はエビ。
※主役は私の好物を羅列
底引き網で獲った大量の活ガラエビ、これをで大きなオタマで1回500円で掬う、ちょっとしたアトラクション。
2回掬い、一回分は食用(素揚げ)、一回分は今凝っている一つテンヤ用の餌となった。

『YF24回航』

2017年09月03日

日中はまだ夏の暑さが残るものの朝夕は涼しく秋の気配。
9月最初の回航はYF24を愛媛まで...
午前の凪場を走りきる航海計画を立てる。
まあ航海計画なんてちょっと大袈裟か...(笑)
F175搭載艇で24Kt(4000rpm)これで東予まで60mile二時間半。
牛窓から備讃瀬戸を抜け燧灘へ...
慣れ親しんだこのルートならGPS要らず。
予定通り目的地に到着。
復路はJR予讃線、瀬戸大橋線、赤穂線と乗り継ぎ「乗り鉄」気分を味わった。

photo

晴天ベタ凪の中出港準備中

photo

広いところはオーパイを使用、楽チン!

photo

瀬戸大橋を抜け燧灘を目指す

photo

到着後即上架

『コスパ』

2017年08月31日

ボートフィッシングシーンでポピュラーになったタイラバゲーム。
これ程までに流行った理由を今更説明することもないが...
今年のニュージーランド旅行では釣具店に多く陳列されているのを確認、南半球でもブーム到来!?
何でも流行ればピンキリ商品が出てくるのが世の常。
お金の話になるがダイワ、シマノ、ジャッカルetc大手の既製品(タングステン製)なら軽く2000円オーバー。
画像は上から600円、500円、300円の鉛製廉価品だが中々のクオリティー。
この300円固定式タイラバ(ダイソー)でもアコウやヒラメの実績は充分実証されている。
遊びの釣りにいちいちコスパを論じるのは野暮との声もあるが、
根の荒いハイリスクハイリターンポイントを攻めればあっという間に2~3個失う。
過去には一日でタングステン5個を無くした苦い経験があり、さすがにこの時だけは心が折れた。
最近は根の荒さ具合を見極め二本の竿でタイラバを使い分けている。

photo

ここまで安価だと自作の意欲が無くなる

photo

店頭でも販売、一度試して下さい

中古艇・中古ボート販売情報検索サイト キャプテンナビ