DFR33安田のマリンリポート新艇

DFR33、艤装紹介&クルージング記事①

皆様こんにちは。ヤマハボート横浜店の安田です。

最近は、天気が不安定でボートの出航判断が難しい時期ですね。当店隣の横浜ベイサイドマリーナではオーナー様に向けて、ウェブで分かりやすく気象状況をアップしています。また風の強さに合わせて黄色い旗、赤い旗などを使い分け、マリーナ内で掲げることで船長の出航判断を助けるなど。親切、丁寧な対応が評判です。

大人気マリーナですので、空きがないバースもちらほら出てきました。この夏からボートを乗り出したいお客様は、ボートの確保と同様にマリーナの確保も平行して進めることをおすすめ致します。

さて、今回はタイトルの通り、弊社の新作フィッシングボート、DFR33の記事を書こうと思います。現在当店にあるDFR33は、横浜店パッケージとして特別な艤装を組んであります!なので今回は艇・艤装の紹介を第一弾!そして実際のクルージングをしてみての評価を第二弾として記事を書きたいと思います。

第二弾、記事更新しました!http://www.marine-dealers.net/yb-yokohama/2018/05/dfr.html


DFR33


20180514-172828.jpgこちらがDFR33ディーゼルエンジンのシャフト艇です。DFRのDは DieselのDでDFR36FB DFR36EX DFR29とラインナップがあります。

どの艇も本格フィッシングボート使用で、アングラーの皆様にもご好評を頂いております。

今回紹介するDFR33はシリーズでも真ん中のサイズに位置するモデルです。走行性能や快適性、利便性が高く評価されており、ディーゼルエンジンということで燃費の良さやトルクのある低速域が魅力です。

横浜店ではそんなDFR33を更に快適にパワーアップする為にオプションを取り付けました。

内容はDFR33のCパッケージ

トランサムステップ&ラダー、スターンスラスター、エアコン、ACコンセント、陸電装置、電動フラップetc...

をベースに、

フレンドマリン製のスパンカー、2ステーションGPS魚探、そして20秒で展開可能の日除けオーニング。そしてロッドホルダーを効果的に配置しました。

ちなみにバウスラスター、デッキで操船可能なフィッシュサポートリモコンは標準で装備してあります。

それでは写真をご覧ください。

20180514-175003.jpg20180514-175034.jpg20180514-175103.jpgバウ&スタンスラスターでシャフト艇特有の操船の難しさをサポート。離着岸も容易になります。

20180514-175251.jpg

スクエアバウ、ウェーブスラスターブレードで特徴的な深いV型の船底をしています。ウェーブスラスターブレードは水にしっかり食い込み、風による横流れを低減すると共に乗り心地を向上させています。他のボートの船底と比較してみるとその差は分かりやすいと思います。

20180514-180145.jpg赤枠で囲った部分がウェーブスラスターブレード、文字通りブレードのような形ですね。一方、通常のボートは

20180514-180851.jpg20180514-180920.jpg

どうでしょう。比較してみると分かりやすいのですが、ブレードがありませんね。船底は水に接する部分。車で言えばタイヤみたいなものです。ここが違えば乗り味がかなり変わるということも想像しやすいのではないでしょうか。

さて、次はデッキを見てみましょう。

20180516-110314.jpg4名がアフトデッキでキャスティング可能ですが更に20180516-110544.jpg20180516-110439.jpgのサムネイル画像20180516-110652.jpgサイド、バウでも十分フィッシング可能な広さを確保しております。

ゲストが多い釣行でも快適に釣りに集中できます。

また、イケスも大容量です。20180516-111132.jpgさてここからは横浜店スペシャル艤装のご紹介です。


①アフトデッキGPS魚探モニター


まずはこちらアフトデッキGPS魚探モニター20180516-111500.jpgフィッシュサポートリモコン上部にモニターを設置することでキャプテンがその場でポイント確認。操船。釣りが出来てしまうのです。これって釣り好きキャプテンにはとても便利な仕様なんです。操船のためにいちいちキャビン内に戻っては、釣りに集中できません。特に風の強い日は、いったりきたりでストレスが溜まってしまいます。

デッキにいながら、ポイントを探れるアフトモニターとFSRは最強タッグと言えるでしょう。


②フレンドマリン製スパンカー


20180516-112225.jpg弊社としてはローマストスパンカーなどのラインナップもありますが、横浜店仕様ということで今回はあえてフレンドマリンさんのスパンカーを取り付けています。こちらのスパンカーなのですが、完成度が高いだけでなく、収納時のまとまりが良いのも特徴です。ロープがごちゃごちゃ絡まっていたら機能だけでなく、見た目にも格好良くありません。

20180516-112730.jpgロープはすっきり収納。


③フレンドマリン製オーニング


20180516-180331.jpgキャビンとスパンカーを繋ぐように張られたオーニングは慣れればたった20秒で展開可能!6箇所を金具で留めるだけですので直感的かつ簡単です。コレは便利で快適!!ちなみにオーニングは展開した状態でも航行可能です。


さて次はキャビン内を見てみましょう。

20180516-113017.jpg20180516-113135.jpg

個人的には機能的ですっきりしたデザインだと思います。またフロントウィンドウ・サイドウィンドウも広く視界が十分確保されています。

またポイントまで移動する際には、空調のあるキャビン内で過ごしたいところですが、DFR33なら十分の広さが確保されているのでゲストも快適です。20180516-113502.jpgちょっと写真がぶれていますが、バウバース内も十分横になれました。そして足元にACコンセントがあるのもGOODでした。ちなみにACコンセントは3箇所、計6つインレットがありました。

20180516-113929.jpgトイレはもう飛行機とか新幹線みたいな広さですね。小型ボートではこのスペースは確保できません。

20180516-124159.jpgコクピットはこんな感じです。アナログ計器もいいですね。


次回は気になるDFR33のクルージング模様をお伝えします。


さてここまで艇体の紹介をしてきましたが、次回はDFR33の気になる走行性をお伝えしようと思います。

実はこちらのDFR33ですが5月19,20日で開催される葉山の試乗イベントに出艇します。そのため当店から三浦半島をぐるっと回って、葉山マリーナへと廻航します。廻航予定日とイベント初日は風が吹くことが予想されますが、航行性能のチェックにはぴったりだと思います。

近々になってしまいますが、まだ試乗会の席にいくつか空きがございます。記事だけでなく実際に乗ってみて購入の検討をしたいお客様は是非、下記の手段から予約くださいませ。


イベント詳細


【日時】2018年5月19日(土)、20日(日)10:00~17:00

【会場】葉山マリーナ

【試乗艇】 DFR33 YFR YFR24 SR-X24

試乗は完全予約制、一人一艇までとさせていただいております。予約は下記3つの方法です。

①ネット予約 https://www2.yamaha-motor.jp/group/yamaha-boat/event_hayama/

②お電話  045-775-1150 (お名前・住所ほか確認後、予約完了)

③当店Facebook(お名前・お電話番号・住所ほか確認後、予約完了)

※試乗艇にはそれぞれ定員がございます。
※試乗は完全予約制で担当セールスが同乗します。
※操船は2級以上のボート免許をお持ちの方に限ります。
※荒天、強風時は予告無く中止となる場合がございます。

以上、安田がお送りいたしました。次回もお楽しみに!

ヤマハボート横浜店のFacebookはこちら

ヤマハボート横浜店のアクセスはこちら

リンク

中古艇・中古ボート販売情報検索サイト キャプテンナビ