JAPAN INTERNATIONAL BOAT SHOW2018新人安田のざっくりマリン解説

ジャパンインターナショナルボートショー2018

皆様こんにちは。ヤマハボート横浜店の安田です。ここのところ大雪や厳しい寒さが続き、なかなか海に出にくい日が続きますね。早くシーズンに入って欲しいものです。

さて今回は、年に一度のマリンの祭典ジャパンインターナショナルボートショーについてご紹介させていただきます。

20180214-104156.png


ボートショーとは


20180214-092401.jpgジャパンインターナショナルボートショー2018

年に一度の日本のマリンイベント。今年はパシフィコ横浜・ベイサイドマリーナの2つの会場にて行われます。

20180214-103549.jpg

パシフィコ横浜会場は『マリーナ・パシフィコ』として、マリンテイスト溢れる会場に、各社のボート、ヨット、水上オートバイの最新モデルを展示する他、マリン用品や最新のマリン情報など、マリンライフを楽しむためのさまざまなアイテムを用意し、楽しみ方をわかりやすくお伝えします。誰でも参加できる海を楽しむ為のイベントやセミナーも多数あります。

20180214-103036.jpgのサムネイル画像

横浜ベイサイドマリーナでは、大型ボートやセーリングクルーザー(ヨット)を中心に約50隻を係留展示。海上に係留された展示艇に実際に乗り込むことができ(一部を除く)、ボートやヨットの臨場感も体験できます。


ヤマハ発動機では、新作ボートのリリースが決定。


20180214-102708.jpgジャパンインターナショナルボートショー2017(パシフィコ会場)の様子

ヤマハ発動機では、弊社の新作ボートやPWC。モーターショーでも展示された、ボートのデッキをイメージして作られたヤマハの4輪コンセプトモビリティーの展示をパシフィコ会場で行います。また特選中古艇やベイサイドマリーナとのパッケージ艇など。ボートショーならではのコンテンツもあります。

注目度の高いヤマハのシリーズにNewラインナップが追加されますので乞うご期待です。

20180214-103148.jpg

また、横浜ベイサイドマリーナでは実際に係留中のボートに入って頂けるフローティング展示艇も用意されています。会場ならではの臨場感と国産ボートならではの細部まで作りこみを是非ご確認ください!


ボート購入をご検討の皆様へ


20180214-103755.jpg
当店ヤマハボート横浜店では、ボートショーに向けて多くのボートを入荷しております。現在新艇・中古艇問わず多数のボートを展示中です。展示場の充実度も年間を通して最も高くなる時期です。是非「ボートショー2018」フローティング会場へお立ち寄りの際には、足を運んでみてください。特に中古艇については現品限りなので、露出が増えるボートショー。お目当てのものを見つけたら即決できる準備が必要です。

新艇についても、現品を逃すと次回の納期までお待ちいただくケースがあるので、GWシーズンに間に合わせたい場合はお早めに商談して頂くことをおススメします。(もちろんボートショー前も通常通り営業しておりますので、ボートのご案内をいたします。)

ヤマハボート横浜店のFacebookはこちら

ヤマハボート横浜店のアクセスはこちら

リンク

中古艇・中古ボート販売情報検索サイト キャプテンナビ