2017年10月11日

一年で一番釣れるシーズン突入!
魚種の多い瀬戸内海ではターゲットを絞るのも一苦労。
先週は午前中タチウオ、午後からはタイのダブルヘッダーは幸運にも大漁。
何日か前から牛窓では珍しい青物(ツバス)が廻っているし、アオリイカも例年より釣れている。
カワハギだって三桁の釣果情報もあるので迷いに迷う。
でもでも結局一番やりたいタイラバに落ち着く。
しかししかし逆を突かれこの貧果(泣)
やったりやられたりしながら早50年、これが釣りの醍醐味だから仕方ない。

photo

千振島(小豆島)の鯛三兄弟

『W14曳航』

2017年10月04日

高松からW14(エンジン無)を牛窓まで曳航。
とある船を買取りに行った際、友人の船も是非引き取って欲しいということになり...
しかし大型船の往来が過密な備讃瀬戸東航路をどのタイミングで渡るか慎重に判断。
東西ばかり気にしていたら後方から小豆島行きのフェリーが接近、お~危ない。
そうこうしている間に牛窓が目視出来る距離になり2時間の曳航は無事終了。

photo

備讃瀬戸東航路横断中

photo

豊島の北はベタ凪

photo

YD28(当社レスキュー艇)で曳航

photo

無事牛窓に到着

『つり環境ビジョン』

2017年09月28日

裏の埠頭で見慣れぬグループが機材を降ろしている。
見に行くとアクアラングを背負ったダイバー4人が次々海中へ飛び込んでいる。
何だろう...事故?それとも海難訓練?
岸壁に「LOVE BLUE」のバナーが掲げられている。
隊長らしき人にこの状況を尋ねると、
一般社団法人日本釣用品工業会主催のボランティア活動でプロダイバーによる水中クリーンアップだと。
今日は牛窓の港湾2ヶ所だが年間でいうと全国150ヶ所を潜り清掃するという。
我々も日本マリーナビーチ協会を通じ色々活動はしているが海の美化運動にはもっと力を入れるべきだと思う。

photo photo

photo

『ちょっくら四国へ...』

2017年09月27日

海が凪いでいたのでドライブ船で志度マリーナまで出張。
この弊社レスキュー艇YD28(82馬力)フルスロットルで23ktとかなりの鈍足。
スロットル控え目で巡航速力19kt/3000rpm。
牛窓からジャスト1時間!ということは航行距離19mile(35㎞)
時間に余裕があったので帰りは所々で魚群を探査しながらの航海となった。
ちなみにこの日の燃料消費量(軽油)25letter。

photo photo

photo photo

『船上パーティー』

2017年09月24日

大阪のクリエイションさんで開催されたHORIZON社30周年記念ボートショー&パーティーお招き頂く。
思い起こせば3年前台湾ボートショーの際もクリエイションさんの計らいで現地工場を視察。
今回73MTの内覧会であったが拝見する度豪華さが増しており溜息が出る。
さすがモーターヨット界ではアジアで唯一世界のベストテンに名を連ねるだけのことはある。
日が暮れかかるとジャズの生演奏が流れパーティーが始まる。
そしていつになくお洒落したクリエイション新谷社長登場、挨拶では27年間に56隻建造したお話。
続いて記念すべき輸入1号艇のオーナーさんのお話を感慨深く聴かせてもらう。
最後はHORIZON社ジョン・ルー社長による堅いパートナーシップで結ばれているお話。
雰囲気満点のロケーションで豪華ディナーを頂き暫し優雅な時を満喫しました。

photo photo

photo photo

『船外機換装』

2017年09月23日

暑さ寒さも彼岸まで...
その言葉通りめっきり涼しくなり過ごし易くなった。
タイ、アジ、タチウオ、アオリイカを狙うには正にベストシーズン。
灼熱地獄の夏影を潜めていたたアングラー達も始動、沖に出る船も一気に増えた。
工場では船外機の換装作業を日々行っております。

photo

SRX-EX新艇のセッティング

photo

YF21HTにはニューモデルF90Cを搭載

photo

SRV23にはF115を搭載

photo

W25にはF150を搭載

『じゃこ釣り』

photo photo

2017年09月20日

ここ数ヶ月タイラバやヒトツテンヤで真鯛ばかり追っかけていた。
これに少々飽きたというか...でもこれは嘘!
本音は直近思うような釣果に恵まれずターゲットを変更しただけ。
磯際に船をかけチヌ、ベラ、カワハギ、フグ、グレと正に五目釣り。
雑魚釣りの面白さは魚によってアタリもヒキも違うところ。
今日は半日で30匹の獲物に大満足であった。

『完成間近』

2017年09月21日

久々の芦屋マリーナ。
隣接地に建設中は完全会員制リゾートホテル「芦屋ベイコート倶楽部」
このお洒落なホテル来年2月オープンとか...
会員にはなれそうもないが完成したら是非見学したいと思う。

photo

豪華客船風建物

photo

ホテルからマリーナの眺望を観てみたい

『台風18号』

2017年09月18日

台風18号は昨夜明石に再々上陸した後日本海に抜けた。
大型で強い台風の接近に近隣住民も色めき立つ。
テレビ報道に加えスマホからは避難を促す不気味なエリアメールが一日何度も鳴る。
そのせいか避難港に廻す船も普段より多く見られた。
最も心配されたのは高潮、当初の進路は牛窓の西側と見られていたが実際には東100㎞を通過。
結果的にこれが幸いした。
午後9時半の満潮時既に風向は西に変わっており吹き寄せによる海面上昇(プラスアルファー分)は免れギリギリセーフ。
ということで今回しんどい思いで築いた100個の土嚢は役目を果たさなかった。
しかしまた忘れたころにやって来るのが災害である。

photo

昨夜の最高潮位

photo

ホテル・リマーニ前の道路は冠水

photo

一夜明け正に台風一過、言葉通りの晴天

photo

これから元に戻す作業開始!

『台風対策』

2017年09月16日

ここ三日ほどヤマハディラーミティングや関東での査定やらで店を空けていた。
其のすきに台風18号がじわりと接近...
実はこの18号私のボート屋人生において最悪の台風(平成16年16号)にコース勢力共に酷似。
高潮で事務所も倉庫の船外機も車も水没しになった苦い思い出がある。
このままだと明日夜の最接近と満潮(264㎝)の時刻が重なってしまう。
今日は船の上架と工場&事務所の荷物揚げ。
明日は土嚢積みと排水ポンプの設置、最後は高台に車の避難。
こんな感じでここ数日は日常業務は休止状態。
また係留艇は係船索・防舷材の補充とオーニング、スパンカーの養生を風雨の弱いうちに行って下さい。

photo

マリーナは満杯

photo

傍の避難港も船で溢れている

photo

部品庫も50㎝浸水を想定

photo

セッティング工場も荷物で溢れている

中古艇・中古ボート販売情報検索サイト キャプテンナビ