『ボートの老朽化』

2017年08月14日

全国的にお盆です。
しかし当マリーナは予想した程の混雑もなく普段の週末と同じ。
弊社は夏に集中するウォータービークルを扱っておらず、それとウェイクボードが一時に比べ下火になったから?
そして毎週のように乗られる保管オーナー様は逆にお墓参りや里帰りで欠席。
その代わり年一度しかお見えにならないオーナー様の突然の来店があったりで混雑の帳尻が合うようです。
しかし、いざボートの下架と言われてもバッテリーは上っており、艇体は埃まみれデッキにはハチの巣、他にもエンジンの不調、また舵が重たかったり航海計器の不調ets...でかなりの確率でトラブル発生。
なお使用頻度の低い保管オーナー様に対しても冬は格納点検、春はシーズン前点検の告知をするが反応は鈍い。
まあ古くなり飽きの来たボートに費用を掛けたくないのは理解出来ないこともないが、不幸なことにメンテナンス費用は経年劣化と共に加速度的に膨らんで行く。
一般論として乗らないボートの保管料は美味しいと言われるが、船好きの私からすればほったらかしのボートを毎日見るのも忍びない。
だから生活必需品でないボートは飽きれば思い切って売却、休憩すればよい。
商売気が無いと言われるかもしれないが趣味とはそういうものだと思う。

photo

画像はイメージです

『御手洗』

2017年08月13日

『御手洗』...広島県呉市大崎下島にある港町。
みたらいと読みます。
普通に読むとアレですよね...(笑)
以前Y2K瀬戸内クルージングで寄港したが今回はとびしま街道を車で移動。
5島を結ぶとびしま街道、ここの景観は瀬戸内海国立公園内でもトップクラス。
ここ御手洗の街並や波止場も観光用に整備されてはいたがどこか牛窓に似た風情であった。
帰り際寄った青果店のおやじさんが、この対面の岡村島だけ良質の水が出るという理由で、村上水軍にぶんどられ愛媛県になったというエピソードが印象的であった。

photo

石灯篭が青い海に映える

photo

昭和30年代の私はど真ん中世代

photo

この島にある「ゆたか海の駅」は日本で最初の海の駅施設

『朝飯前』

2017年08月12日

近所のたっくんが朝練に参加。
5時出港のはずが引率のお祖父さんの寝坊で30分遅刻(笑)
今日は無風ベタ凪に加え朝まずめと干潮からの潮返しが重なるベストコンデション。
そして満潮がゆっくり流れ始めると鯛祭りの始まり!
ポイントは水深10mの浅場、なので鯛が弱らず手応え充分...
するとたっくんも自慢のタックル(シマノ炎月&オシアコンクエスト)で絶妙の合わせ炸裂!
巻き上げてると、ありゃ~ハリが一本外れた危ねえ!なんて大人顔負けなことをおっしゃる(笑)
また、同行したNさん(年齢差54才)との釣り談義は見事なまでにたっくん優勢!
ということで8時帰港、これから朝飯喰って夏休みの友頑張ってね。

photo

良型の真鯛を右に左に軽くあしらう

photo

タモスケ役のお祖父さんと息ピッタリ

photo

はい、寝起きの1枚でした。

photo

いま牛窓の鯛は釣果アップ

『6人のヴィーナス』

2017年08月09日

先週行った小学生との黒島ヴィーナスロード探検は学童も然ることながら保護者にも大好評であった。
また、このイベントは山陽新聞にも取り上げられ心地よい達成感を得た。
この報道により町内の女将さんグループが私達も観たい渡りたいということで再び出港。
ということで今日は少々年季の入ったヴィーナスに渡って頂いた次第です。

photo

船中も喋り通しのヴィーナス

photo

何度かのテレビ出演でカメラ慣れしています

photo

ハート石を見付け喜ぶヴィーナス

photo

中の子島と端の子島を結ぶ第二ヴィーナスロード

『イベント疲れ』

2017年08月07日

木曜、浜名湖でボートの試乗。
金曜、地元の小学生を連れ黒島ビーナスロード探検。
土曜、花火見学のオーナーさんのお世話。
日曜、台風5号対策。
まあ台風はイベントではないが何故か血が騒いでしまう。
ということでこの四日間は猛暑も相まりグロッキー気味。
そして週末はお盆となり年間最高の繁忙ピークを迎える。
まあ昨年はお盆に倒れたこともあり体調管理には注意したいものだ。

photo

ボランティアを通じ多少なり地元に恩返し

photo

台風通過で静まりかえった牛窓港

『朝練ポイント』

2017年08月06日

8月夏本番、皆様釣果は如何でしょうか?
連日の猛暑で「釣りは行きたし暑さは怖し」と某オーナー。
私はこの時期起床時間を潮に合わせ調整、涼しい朝まずめに釣りに行っています。
今日あたり日の出が5時15分なので4時45分起床、5時釣り開始。
えーと思われるかも知れませんが何せ自宅から船まで50m、
そしてポイントまでは僅か1mile(港の出口からだと0,5mile)
また夜明けは気温が低いだけでなく海面も概ね静穏。
この釣り易い時間帯を集中的に2時間釣り定時何食わぬ顔して出勤。
しかし朝練も連続3日を超えてくると流石に寝不足気味(笑)
ちなみにこの朝練、日の出の遅い12月~2月はオフとなります。

photo

タイラバで仕留めた60級の真鯛

photo

0級と格闘中

photo

凪なのでドテラ流しでOK

photo

真鯛の他アコウやコチも釣れます

【マリンウィーク】

暑い日が続きますが皆さんいかがお過ごしでしょうか?

本日はマリーナビーチ協会が主催する「マリンウィーク」というイベントを行いました

まぁ簡単に言いますと社会貢献の一環で、普段あまり海に親しんでない子ども達をボートに乗せて楽しんでもらおう!という企画です。

兼ねてより社長が「こんなんもやっていかんとおえんのー」
と口では言っていましたが、なかなか実現しなかったので今年こそは!と重い腰を揚げましたよ笑

今回は私と社長の母校である牛窓東小学校の生徒と保護者の方々を募集しました!

牛窓は年々生徒数が減少していって今では1クラス十数人しかいないらしいです

そんな中で集まるかなと不安でした約30名の児童と保護者の方が集まりました!

今回は今岡山県がプッシュしている「黒島ビーナスロード」へ
行ってきました
最近ではSTU48のPVで使われていましたね

まずは陸で黒島ビーナスロードが出来る過程を潮汐の仕組みなどをふまえつつお勉強!

そしていざボートに乗り込み黒島へ出発!

ボートに乗るのは初めての子達でしたが、とても楽しそう♪

おー!いい感じにビーナスロードが繋がっています

大体2時間くらいで消えてしまうので事前に時間調整していてバッチリでした

牛窓から目と鼻の先にある黒島ですが、ボートがないと行けないので貴重な体験となったのではないでしょうか。

保護者の方からは感謝の言葉と是非来年も!というリクエストを頂き、やって良かったなぁと自己満足に浸っています笑

子供達は楽しい夏休みの思い出になってくれたかな?

田舎だけど地元にも凄く良い所があるよ!と誇りに思ってくれたら良いですね

大人になって「そう言えば子供の頃にボートに乗って楽しかったなぁ。免許でも取るか!」と思ってくれたらもっと良いですね

P.S
ボランティアでお手伝い頂いた、地域の方々、観光協会の方々有難うございました。無事故で終えとても良いイベントとなりました。この場を借りてお礼申し上げます。

20170806-091030.jpg20170806-091054.jpg

20170806-091116.jpg20170806-091132.jpg

20170806-091150.jpg

20170806-091210.jpg20170806-091228.jpg

20170806-091248.jpg20170806-091305.jpg

20170806-091323.jpg20170806-091340.jpg

20170806-091420.jpg20170806-091439.jpg

20170806-091518.jpg

『播磨灘の真ん中で...』

photo photo

photo photo

2017年07月28日

昨日はベタ凪の回航日和。
買い取ったUF27IBで播磨灘を西進中、偶然にも知り合いの業者とすれ違う。
EX38(新艇)を大分工場から自社まで回航中とのこと。
広く大きな海だけど意外と色々な所で出会うものです。
まあそれだけ歳をとった証かも!?

『少年釣り師』

2017年07月26日

子供たちにとって待望の夏休み。
そこで近所のたっくんを誘いアジ釣りに...
たっくんにはアジ釣りに行くとだけ伝えてたのにサビキ竿の他にしっかりルアーロッドを持参。
シイラがおったらホッパーで仕留めちゃる!...てな具合。
祖父と父もボートオーナーで3歳児から英才教育を受けたたっくん、釣りの技術も然ることながら
知識も豊富、特にシマノのカタログは丸暗記(笑)
そして気合も充分播磨灘中央の航路ブイまで行くが、この日シイラは恐れをなしたのか現れず
残念ながら釣果は少しばかりのアジ、サバ、イワシであった。

photo

水の子でナブラを発見すかさずホッパーをキャスト

photo

今年のBGF岡山で貰ったライジャケ

photo

アジもたっくんが持つと大きく見える~

photo

早朝出港につき帰路はご就寝

『異常潮位』

2017年07月24日

海の記念日が過ぎ、梅雨が明け、そして夏休み。
それにしても連日の猛暑、もう身体が溶けそうだ。
さて昨夜テレビの字幕に『高潮注意報』
まあ夏の大潮(満潮位269㎝宇野)だから高いちゃ高いが...
そして満潮を見計らい就寝前ステテコ姿で海岸を探索。
すると潮位は道まで50㎝の余裕。
釣師でもある私は一年365日「潮汐なびFREE」を閲覧するのが日課。
ここには全国の潮汐表(タイドグラフ)が10日先まで掲載されており無料アプリながら良く出来ていて重宝している。

photo

U字溝があるイヌバシリは浸かっている

photo

渡りも桟橋側が高くなっている

中古艇・中古ボート販売情報検索サイト キャプテンナビ