『冬型の気圧配置』

2017年11月27日

師走真近冷え込む日が多くなり冬の訪れを感じる。
この頃から普段穏やかな瀬戸内海も北西の季節風が強まる。
最近の天気予報アプリはピンポイントで風速を二日先まで一時間おきに予想する優れモノ。
天気図においては一週間先まで予想してくれるので航海スケジュール調整には大いに役立つ。
今回はLF26BZを大阪から牛窓迄65mileの回航。
明石海峡通過時は潮流と風向が反し三角波が発生、海峡部は15kt走行を強いられたがそれ以外は巡航23Kt。
そして播州沖に設置された海苔網を回避約3時間で無事到着。
冬場の航海スケジュールは短い日照時間と季節風による減速走行を考慮することが必要だ。

photo

大阪出港時は穏やかな海面であったが...

photo

明石海峡はピンポイントで波立つ

『卒業』

2017年11月17日

この度勤続38年ヤマハのT課長が定年退職。
Y2K研修会後の懇親会が突然のサプライズでT課長の慰労会に...
業界では西日本のヤマハにTありといわしめた名物課長。
各県のメンバーが次々贈る言葉は
「おせっかいで良い人」
「暑苦しいけど良い人」
「しつこいけど良い人」
「鬱陶しいけど良い人」
異口同音にこんな具合、けなして褒めて何のこっちゃい!...でもこの通り万人から愛されるキャラの持ち主。
私はY2KのOBであるがT課長に歳が一番近くまた一緒に仕事した時間も一番長いという理由でトリのスピーチを承る。
我々のデビューは昭和50年代半ば、何もかもが右肩上がり数年後は伝説のバブル景気と正に日本の絶頂期。
メーカーの社員も販売店も深夜まで猛烈に働き実績を上げた時代、今ではブラック企業と呼ぶらしい...(笑)
T課長こそが昭和モーレツ社員最後の残党、天然記念物!
定年間際の今も、昔の癖が抜けきらず自身の仕事が完了してもとにかく帰らない、これには部下も困惑顔...(笑)
あと人望を語るうえで見逃せないのが、取引先御子息の結婚式出席回数と仕事仲間で飯を食った回数はヤマハ随一。
またプライベートにおいての趣味も多彩、ピアノ、ギター、テニス、スキー、フィッシングと何でもこなすオールランドプレイヤー。
多くの思い出の中で一番印象に残るのが、まだ子供が小学生の頃Tさん宅に招かれてのクリスマス。
そこにはギターでビートルズのイエスタディを弾き語るTさん...まるでアメリカンホームパーティー!
お互い幼かった子供達も成長、Tさんの二人の息子さんも共にご結婚され今ではお孫さんのよきお爺ちゃん。
仕事における真摯な態度とそのポテンシャルは折り紙付き、時にはメーカーと販売店の調整に思い悩んだことも多々あったと思います。
そのTさん、来年以降も再雇用でヤマハに留まるという...本当いつまどもしつこいんじゃ!うそうそ(笑)
最後に何事も滑稽なほど一生懸命だったTさん、これから先は健康第一、少しペースダウンしつつ変わらず後輩、そして我々販売店に対しご指導の方宜しくお願い申し上げます。

photo

Tさん長い間お疲れ様でした。一社員としては異例の送別会となった

photo

胴上げのシャターチャンスを逃がす(泣)

『初冬』

2017年11月13日

秋祭り、選挙、展示会、釣り大会等々、秋のイベントもここらで一段落。
昨今これといったニュースは無い...しかし時間に余裕があるので連日ブログアップ(笑)
既に季節は初冬となったがお陰様で船はボチボチ売れている。
これからは朝凪でいても午後から強い北西風が吹く冬型の日が増える。
そして冬至に向け益々日照時間も短くなるので余裕を持った航海を心掛けて下さい。

photo

今朝半年待ちのYFRが入荷

photo

早速セッティング

photo

これからが旬の牡蠣(錦海湾)

photo

牛窓はキャベツや白菜の隠れた産地

『釣りごろ釣られごろ』

2017年11月11日

水温もバッチリ正にハイシーズン到来!
弊社の釣り大会を真近に控え自ら実釣リポート...
ターゲットは鯛、夜明けからタイラバで豊島からスタートするも音信不通。
釣り開始から二時間たったころ待望の一枚、でも後が続かない。
ストレス解消の釣りがストレスのてんこ盛り(泣)
豊島→アワラ→千振→屋形→琴塚→妙見崎とポイント移動の繰り返し。
無残に時は過ぎ他の二人にも焦りの色が...
その時同乗Y君が夏70を釣ったポイントを思い出し最後の望みをかけ大部に移動。
潮は満潮からの転流(引き初め)、場所はこれ以上詳しく書けないが20mから5mのかけあがり。
流す距離50m、クラッチ操作しながら時間にして僅か5分のピンポイント。
しかし一流しに必ず一枚、たまにダブルと浅場にも拘わらず良型が上がる。
一時間余りでイケスの中には二桁の鯛、9回裏の逆転劇に船上は活気づく。
これだから釣りはやめられない。

photo

浅場だと弱らないので取り込みが大変

photo

半年ぶりの60オーバー

photo

この時期腹にはたっぷりの脂が...

『チャーターヨット』

photo photo photo

2017年11月10日

Sさんがキャプテンを務めるカタマランヨット。
今回お披露目航海ということで牛窓ヨットハーバーに寄港。
カタマランといえばラグーンが有名だがこのBALIも中々良い!
これから瀬戸内海各所でこのエレガントな姿を見かけると思います。

『小春日和』

2017年11月02日

気が付けば11月、季節は晩秋というかもう来週は立冬。
10月は季節遅れの台風もあり運の悪い地方は4週連続で週末雨だったとか...
弊社サービスも雨天で滞っていた屋外作業をを集中的にこなす今日この頃です。

photo

抜けるような青空

photo

桜の木は紅葉が進んでいるようだ

『まるで梅雨』

2017年10月28日

それにしても、よ~降る雨じゃこと!
しかも狙ったように週末ばかり2週間連続...
いったい「晴れの国岡山」はどこへ行った?
台風直撃は免れても秋雨前線を刺激長時間降るパターン。
その影響で明日予定していた釣り大会も中止。
つきましては11月12日(日)に順延としましたのでオーナー様奮ってご参加下さい。

photo

雨と共に東風も強くなり悪天候の気配

photo

雨の後は展示艇の洗艇作業が待ち受けています

『DE40回航』

2017年10月27日

ひょっとして今週末も台風?
10月も終わろうとしているのに2週連続台風何て聞いたことも無い...
そんなことで広島からの回航、この天気見逃すわけに行かない。
燧灘も備讃瀬戸も凪、船速27Ktで4時間の船旅は無事終了!

photo

広島を出港

photo

音戸の瀬戸を抜け

photo

船折瀬戸を渡り

photo

瀬戸大橋が見えほっと一息

『瀬戸内の猛魚・鱧』

2017年10月21日

オーナーさんから鯛釣りの外道で釣れた鱧を頂く。
どでかい鱧はまだ活きており獰猛極まりない。
そこで三人がかりで下ろす。
鱧料理で一番厄介なのは骨切り、大胆且つ繊細に皮を残しながら小骨を断つ。
調理後鍋にしたがやはり小骨が喉に当り慎重に飲み込む。
しかし味の方は鱧特有の上品な脂が鍋一杯に広がり美味しかった。

photo

最後の抵抗を見せる鱧

photo

120㎝近くある大物

photo

三人がかりで解体

photo

骨切り中

『海上安全パトロール』

2017年10月12日

毎年秋に行う牛窓の海上安全パトロール。
今回は巡視艇を含む指導船4艇で廻る。
生憎の雨で沖の船も少なかったが、釣り船、ミニボート等十数隻を指導。
昨今、救命胴衣の着用率も9割は超えているようだ。
陸のシートベルト、海のライジャケは命を守る最低限のルール。
指導された各オーナーさん急な訪船で驚かせてごめんなさいね。
photo

玉野海上保安部の巡視艇

photo

たも網で安全啓蒙パンフレットを配布

photo

海上安全指導員Oさん艇

photo

フラッグだらけの指導船

中古艇・中古ボート販売情報検索サイト キャプテンナビ