『冬の牛窓港』

2017年12月27日

クリスマスも過ぎ今年も残すところ後4日。
幼少の頃は一年で一番ワクワクしたこの一週間が社会人になり年末は決算の棚卸、集金や挨拶を兼ねたカレンダー配りで多忙に...
しかし、今や集金は振り込み、カレンダー配りは宅配業者に外注と、ありがたい時代となった。
さて年末年始にかけては低気圧の通過が予想されており海のレジャーは充分な観天望気が必要だ。

最後になりましたが今年一年大変お世話になりました。
また来年もご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。
では、皆様よいお年をお迎え下さい!

photo

唐琴瀬戸に聳え立つ船灯篭

photo

ママカリも姿を消しひっそりとした唐琴瀬戸

photo

東町の船溜まり

photo

前島に渡る人も疎らに...

『弾丸忘年会』

2017年12月20日

寒い時はより寒い所に行ってみるかということで函館に...
偶然にも旅行前夜バナナマンの番組で函館の食リポを観てこれを参考。
ハンバガーのラッキーピエロ、ラーメンのかもめ...店はこっ派手だったり、汚かったりだが味は極めて普通。
湯の川温泉の宿に着くと中途半端な季節にも拘らず多くの中国人で溢れていた、これが俗にいうインバウンド!?
リーズナブルなツアーの夕食は決まってバイキング、さあ巨大な宴会場でズワイガニの日中争奪戦が始まる。
東洋人500人が一斉に群がる。軽トラ一車分のカニが30分も経たないうちに無くなる光景は壮観。
私も若い衆に釣られ喰いまくるが足25本が限界。
雪景色の五稜郭は綺麗であったが夜の函館山は登ったものの吹雪で視界不良、ちなみに前回は霧で視界不良、これで二連敗(泣)
このように朝から晩まで食い散らかした二日であった。
あと少々気分を害したのが同じ距離を走ったタクシー三台がそれぞれ1300円、1600円、1900円...もしかして1900円は中国の富裕層と勘違いされたか?
ちなみにこの日函館の最高気温-1℃、最低気温-7℃であったが帯広からの観光客がやはり道南は暖かいと言うの聞いて驚いた次第。

photo

総勢10名で凍えに行きました

photo

綺麗だが雪で輪郭の見えない五稜郭

photo

カロリー爆弾、ラッキーピエロの唐揚げ入バーガー

photo

女子しかカニを試食させてくれない函館朝市

『1167話』

photo

2017年12月15日

平成19年11月から始めた『ハーバーマスター日記』早いもので10年が過ぎた。
書くも書いたり今回で1167話、割り算するとほぼ三日に一話のペース。
しかし10年経った今も右手中指でしかキーボードが打てず上達の兆し無。
こんなブログであれ一応オフィシャルなものであるがゆえ過激な内容はNG、フラストレーションの溜まることもあった。
まあ私もそこそこの年齢に達したので今後は新発見というより回顧録的なものを軸に書き続けたいと思う。

『主役不在』

2017年12月10日

毎月第二日曜に開催される牛窓朝市。
今年ファイナルの朝市を取材に行くと...
ん?8時半のオープンにも拘わらずお客さんは疎ら、正直少ない!
やはり冬の味覚牡蠣を売らなかったから?
エビやゲタじゃ役不足は歴然のようだ。
牡蠣は来年2月11日(日)牡蠣祭りとして大々的に販売するので乞うご期待!

photo

この時期牡蠣とナマコは必須!?

photo

ゲタ

photo

活オオゾエビ

photo

焼きアナゴ

『経営者研修会』

2017年12月09日

年末恒例ヤマハマリントラスト研修会が神戸で開催された。
新神戸駅に集結したメンバーは貸切りバスにて今年神戸にオープンしたイオンに向かう。
イオン内にあるこのショップは従来のボートに加え流行りのサップ等も導入し新規マリン層の開拓を目指す。
続いて神戸ハーバーマリーナ、芦屋マリーナを見学後有馬温泉にチェックイン。
一風呂浴びたメンバーは懇親会で酒を酌み交わし今年の商売を顧みる。
地域格差は当然ある中、異口同音に景気が良いのか悪いのか不透明だったという意見が大勢を占めた。
しかし全国46社中20社に満たない参加では少々盛り上がりに欠けた感が...
これを観られたたメンバーにおかれましては来年のご参加宜しくお願い致します。

photo

イオンに面した運河を利用した日生マリーナさんのショップ

photo

神戸メリケンパークにある日本一のクリスマスツリー!見えます?

photo

芦屋マリーナ

photo

有馬グランドホテル

『海苔網』

2017年12月08日

毎日のように北西風が吹き冬らしくなった。
冬場の航海で特に注意すべきは沖に設置された海苔網。
海苔網が張られるのは10月~3月。
夜間や濃霧の日は勿論、時化で波の高い日も見にくい。
GPSに記載のない海苔網は予め設置図で場所の確認をしておくことが必要だ。

photo photo

photo photo

設置図は県漁連か漁協でもらえる

『ナマコ拾い』

2017年12月04日

3時起きで今シーズン初のナマコ拾い。
一月余り朝練(早朝の釣り)からも遠ざかっておりこの時刻の起床は少々辛い。
暗闇の中船を走らすと冷気が頬を刺す!...でもこの寒さがナマコを美味しくさせる。
本日の気象状況、潮位-1㎝、北西の風2m、水面に微妙なさざ波...
ヘッドライトを頼りに磯際を転ばぬよう慎重に歩く。
実は3年前アオサで滑り岩で頭部を強打流血、昨年は足が縺れ水深50㎝のタイドプールに滑落膨張式ライジャケのお世話になる。
もう何十年もやっているわけだが身体能力は低下の一途。
こうして命がけで捕ったナマコ、早速会社のまかない料理『ナマコ酢』となった。

photo

初冬の今が旬のナマコ

photo

赤、青、黒カラフルなナマコ達

photo

おまけのタコとフグ

『冬型の気圧配置』

2017年11月27日

師走真近冷え込む日が多くなり冬の訪れを感じる。
この頃から普段穏やかな瀬戸内海も北西の季節風が強まる。
最近の天気予報アプリはピンポイントで風速を二日先まで一時間おきに予想する優れモノ。
天気図においては一週間先まで予想してくれるので航海スケジュール調整には大いに役立つ。
今回はLF26BZを大阪から牛窓迄65mileの回航。
明石海峡通過時は潮流と風向が反し三角波が発生、海峡部は15kt走行を強いられたがそれ以外は巡航23Kt。
そして播州沖に設置された海苔網を回避約3時間で無事到着。
冬場の航海スケジュールは短い日照時間と季節風による減速走行を考慮することが必要だ。

photo

大阪出港時は穏やかな海面であったが...

photo

明石海峡はピンポイントで波立つ

『卒業』

2017年11月17日

この度勤続38年ヤマハのT課長が定年退職。
Y2K研修会後の懇親会が突然のサプライズでT課長の慰労会に...
業界では西日本のヤマハにTありといわしめた名物課長。
各県のメンバーが次々贈る言葉は
「おせっかいで良い人」
「暑苦しいけど良い人」
「しつこいけど良い人」
「鬱陶しいけど良い人」
異口同音にこんな具合、けなして褒めて何のこっちゃい!...でもこの通り万人から愛されるキャラの持ち主。
私はY2KのOBであるがT課長に歳が一番近くまた一緒に仕事した時間も一番長いという理由でトリのスピーチを承る。
我々のデビューは昭和50年代半ば、何もかもが右肩上がり数年後は伝説のバブル景気と正に日本の絶頂期。
メーカーの社員も販売店も深夜まで猛烈に働き実績を上げた時代、今ではブラック企業と呼ぶらしい...(笑)
T課長こそが昭和モーレツ社員最後の残党、天然記念物!
定年間際の今も、昔の癖が抜けきらず自身の仕事が完了してもとにかく帰らない、これには部下も困惑顔...(笑)
あと人望を語るうえで見逃せないのが、取引先御子息の結婚式出席回数と仕事仲間で飯を食った回数はヤマハ随一。
またプライベートにおいての趣味も多彩、ピアノ、ギター、テニス、スキー、フィッシングと何でもこなすオールランドプレイヤー。
多くの思い出の中で一番印象に残るのが、まだ子供が小学生の頃Tさん宅に招かれてのクリスマス。
そこにはギターでビートルズのイエスタディを弾き語るTさん...まるでアメリカンホームパーティー!
お互い幼かった子供達も成長、Tさんの二人の息子さんも共にご結婚され今ではお孫さんのよきお爺ちゃん。
仕事における真摯な態度とそのポテンシャルは折り紙付き、時にはメーカーと販売店の調整に思い悩んだことも多々あったと思います。
そのTさん、来年以降も再雇用でヤマハに留まるという...本当いつまどもしつこいんじゃ!うそうそ(笑)
最後に何事も滑稽なほど一生懸命だったTさん、これから先は健康第一、少しペースダウンしつつ変わらず後輩、そして我々販売店に対しご指導の方宜しくお願い申し上げます。

photo

Tさん長い間お疲れ様でした。一社員としては異例の送別会となった

photo

胴上げのシャターチャンスを逃がす(泣)

『初冬』

2017年11月13日

秋祭り、選挙、展示会、釣り大会等々、秋のイベントもここらで一段落。
昨今これといったニュースは無い...しかし時間に余裕があるので連日ブログアップ(笑)
既に季節は初冬となったがお陰様で船はボチボチ売れている。
これからは朝凪でいても午後から強い北西風が吹く冬型の日が増える。
そして冬至に向け益々日照時間も短くなるので余裕を持った航海を心掛けて下さい。

photo

今朝半年待ちのYFRが入荷

photo

早速セッティング

photo

これからが旬の牡蠣(錦海湾)

photo

牛窓はキャベツや白菜の隠れた産地

中古艇・中古ボート販売情報検索サイト キャプテンナビ