『梅雨明け!!...かな??』

2019年07月28日

いよいよ梅雨明けかと思った絶妙なタイミングで台風の襲来。
近年、気象庁は明確に「梅雨明け宣言」をしない傾向にある。
これだけコンピューター解析が進んでも、雨に関しては水害の警戒からか降り気味の予報を出して来る。
降る予報でたとえ降らなかったとしても怒る人は殆ど居ない。
さてヤードではお盆前の需要期を控えボートの搬入出がピークを迎えている。
猛暑も困るが、やはり夏の海はカラッと晴れて欲しい。

photo

埠頭で待機するトレーラーと大型ユニック

photo

UF29HP搬出作業中

photo

YF23搬入中

『夏が旬のアコウ』

2019年07月24日

雨天続きで久しぶりの朝練。
夏至の頃と比べると日の出は20分ほど遅くなったようだ。
このところ鯛は不調と聞いていたが本当釣れない。
ならば今が旬のアコウでも狙おうと岩礁海域に船を移動。
でもタイラバ仕掛けで狙うとなれば根掛かり必至、ハイリスクハイリターン。
今朝の釣果は手のひらサイズの鯛二枚とアコウ二本。
釣果はともあれ夜明けの海は気持ちいい。

photo

30㎝の中型アコウ

photo

貴重なタングステン2個消失

photo

ベタ凪でまるで池のよう

『YF27EX整備中』

2019年07月20日

北上中の台風5号は梅雨前線を刺激し断続的に雨をもたらしている。
従って弊社もここ数日屋内での作業が中心。
画像は工場内で再生中のヤマハYF27EX...
今後、F250船外機(FSR仕様)換装、シート張替、GPS魚探取換と移行、
おそらく完成の頃には梅雨も明けていることだろう。

photo

換装中のYF27EX

『梅雨末期』

2019年07月15日

今年は例年に比べ遅い梅雨入りだったが来週には明ける予想。
先般の九州南部を襲った記録的な豪雨は河川の氾濫を招いた。
まあ牛窓には川と呼べるようなものは無いが数本の用水路は存在する。
15年前の高潮被害以降、行政による防潮堤建設は継続的に行われている。
高潮による海水の流入阻止は勿論大事だが雨水の放出も同様に大事。
町内の用水路脇にも沈廃船があるが一旦水門に引っかかれば洪水は免れない。
何かあってからでは遅い、ボートオーナーのモラルが問われる。

photo

用水路水門脇の沈廃船

『三連休』

2019年07月14日

梅雨でぱっとしないお天気が続いているがせっせと仕事をこなす毎日。
三連休初日はFG35を大阪から回航。
新大阪に向かう新幹線は三連休とあって鮨詰め、その点海は混雑知らず、雨こそ降ったが凪で助かる。
今日は宇野でBGF岡山大会、担当スタッフ不在で急遽私がシースタイルを担当。
操船経験の浅い会員さんだったので、親切の押し売りぎみに離着岸のレクチャーをやる((笑))
さて雨でこの二日間出航を控えてたオーナー様、明日は大丈夫そうですよ!

photo

雨で視界が悪い中レーダー頼りの航海

photo

普段多くの釣船で賑う明石大橋もガラガラ

photo

YFR24(シースタイル艇)の出航

photo

正に梅雨空、どこもかしこもセピア色

『クルージング二日目』

2019年07月11日

尾道では老若男女楽しい夜を満喫。
二日酔いで青白い顔したメンバーもいたがとりあえず出航。
目指すは放し飼いのウサギで有名な大久野島。
以前にも上陸経験があり勝手が分かっているので鮮度を保った野菜(クーラーボックス)を持参するという気遣い。
そして、村上水軍発祥の船折瀬戸を通過後は燧灘をひたすら東へ2時間、ランチを予約した真鍋島に到着。
今回お世話になったのは島宿三虎さん、海鮮をイタリアンぽくアレンジ、今風で美味しかった。
ランチ後は備讃瀬戸の島々を縫い無事牛窓に帰港。
今回は梅雨の最中にも拘わらず一滴の雨にも遭わないというラッキーなクルージングだった。

photo

ウサギに癒されようと大久野島に上陸

photo

真鍋島三虎さんの専用桟橋

photo

今回ヤマハUF29、ポーナム28を使用

photo

塩飽諸島広島は母の故郷

『梅雨の合間に...』

2019年07月08日

毎年恒例ニューポート江戸川さんとのコラボ企画「瀬戸内クルーズ」
いつも梅雨時期行うので大抵雨に見舞われるが今年は雨にも遭わず晴天の二日となった。
最近、釣り嗜好のボートオーナーと釣り談義一辺倒だったこともあり良い気分転換になった。

photo

鞆ノ浦でのランチは中国マリンさんの桟橋を拝借

photo

カキ氷を食べるうちの専務

photo

初日は尾道に停泊

photo

ディナーは港近くのパブでイタリアン

SR330進水

本日SR330進水となりました。
梅雨ですが、なんとか晴れ間も見え一安心です!
300馬力 2機のパワフルな走りとラグジュアリーなデザインが特徴的なボートです

『梅雨入り』

2019年06月30日

先週末あたりやっと岡山も梅雨入り。
まだ大雨こそ降らないが曇天の日は確実に増えつつある。
今週末はクルージングイベントも控えており普段に増して天候が気になる。
工場内は雨に備えサービス業務がバッティング。
マリーナにある工場も基本一隻しか入らず決して作業効率は良いとはいえない。
FB艇3隻収容(冷暖房完備)、工場の青写真はあるがいつになるやら...

photo photo

『役員会』

2019年06月27日

ヤマハトラスト店役員会が宮城県で開催された。
会長選任後初めての役員会ということもあり少々気合が入る。
初日は松島のホテルで各議題を審議、翌日はご当地メンバー二社を訪問。
まずはくろしおさんの北浜マリンベースを見学、鈴木社長のマニアック過ぎる鈴木節は今も健在。
陸上の設備もさることながら民間マリーナとは思えぬ専用水域は羨ましい限りだ。
次は野村モータース(副会長)さんの新社屋を見学、業務主体のお店とは思えぬ洗練された店舗に写メ撮りまくり。
野村さんには商圏の牡鹿半島を案内して頂き、W38所有の漁師さん親子と対談の機会を頂く。
そこでは和船の話題がどうしても8年前の震災のことになってしまい恐縮したが、実にポジテェブで安心した次第。
ともあれこの二日間天候にも恵まれ役員会及び視察は無事終了。
次は9月の総会(浜松)で全国のメンバーとお会い出来ることを今から楽しみにしております。

photo

くろしお鈴木社長の案内でマリーナ見学

photo

野村モータースさん新社屋前で記念撮影

photo

牡鹿半島にある寄磯漁港、勿論船外機は100%ヤマハphoto

女川の海鮮丼は味を論ずる前にまず鮮度が違う。旨過ぎてホヤを撮り忘れる

中古艇・中古ボート販売情報検索サイト キャプテンナビ