『四国に嫁入り』

photo photo photo

2018年06月03日

サンクルーズ730香川に納艇。
香川の業者さんが船でご来店。
桟橋でご挨拶僅か3分、
じゃあってことで二隻仲良く出航して行きました。

『釣り仲間』

2018年06月02日

性懲りもなく今朝も朝練。
軍歌「月月火水木金金」のごとく今週は月火木金土と朝練。
こんな調子で毎日21時就寝4時起床を繰り返し朝型の健康人間となる。
たかがタイラバ、されどタイラバ...毎日行けば潮は自ずと読めるようになる。
今朝2時間の釣果は私8打数5安打。
同行のY君は不運にも2打数0安打。
まあ、この差は器用不器用ではなく経験値の違い。
結果を残せなかったY君、ボウズくらっても行きたくなるのが釣りとリベンジを誓い船を後にした。

photo

日の出に同調するYF24はここの常連Kさん

photo

一時間後Kさんの息子さんとお孫さんも到着

photo

Kさん一家は明日開催のBGF岡山大会に2隻で参加、今日は予行演習?

photo

私の釣果、タイは57㎝

『昼飯前』

2018年06月01日

今朝もせっせと朝練、黒島にて鯛3枚!
自宅で身支度を済ませ今度は小豆島まで査定に出掛ける。
ついさっき魚を絞めたばかりのデッキは少々生臭い。
ここ数日曇天続きで日差しが眩しい。
海の青さと山の新緑のコントラストが綺麗。
牛窓から小豆島の大部港までは20KTで30分。
大部に小一時間滞在しお昼前には帰港した。

photo

牛窓港では前島フェリーを追従

photo

大部港まであと少し...

photo

港の中は赤クラゲが大量発生!

photo

正面のフェリーは大部発、日生行き

『夕練・タイラバ』

2018年05月26日

朝練の釣果が良かったもので調子づき夕練に行く。
日暮れ時ポイントは貸し切り、潮は朝同様満ち上がりの緩み。
潮目に沿って流すと一流し目からヒット!
過去ダブルヘッダーで釣れた試しが無いのに盆と正月が一緒に来たような一日。
夕まずめの一時で30㎝~60㎝の鯛7枚とアコウ1本と上々の釣果。
その夜、友人に自慢していたら翌朝の朝練参加は私を含め7名となった。

photo

これで我が家は一週間鯛祭りです

『至福の二時間』

2018年05月25日

二週間ぶりの朝練。
晴天、無風、潮良し、釣れそうな条件が整う。
10分で黄島のポイントに到着。
よっしゃ今日は一番乗り。
灯台沖は東から西へ潮流1Kt、何かいい感じ。
逸る気持ちを抑えながら第一投...
35mの海底にタイラバが着いたと同時、間髪入れずハイアタリ!
揚がってきたのは60㎝級の鯒(コチ)
これをかわきりに満潮の潮止まりまで約一時間、怒涛のラッシュ!
本日は35㎝~55㎝の鯛8枚と鯒2本と今シーズン最高の釣果だった。

photo

油断してコチに刺された

photo

顔の黒さは漁師並み

『日進月歩』

2018年05月20日

GPS魚探の取り換え工事中。
ブラウン管から液晶になった初期モデルも気が付けば14年が経過。
今となっては画質も荒く、書き換えスピードは壊れているかのごとく遅い。
昨今、GPS魚探の技術革新はめまぐるしい。
例えば10年前50万した機種より現在30万の機種の方が機能的に優れていたりする。
また最新式は車と同じタッチ画面、まだ販売実績はないが塩塗れの指で触って上手く反応するのだろうか?
GPS魚探を取り換えると気分も一新、航海が楽しくなること請け合いだ。

photo

アフターYFV-VI-07W-F66(デジタル)

photo

ビフォーRF-60NFⅢ(アナログ)

photo

これからYF21にビルトイン

『目撃情報』

2018年05月11日

5時起きでいつものように朝練に出掛ける。
黒島沖でタイラバ巻いてると突如巨大なモーターヨットが近づいてくる。
もしかして先月横浜や沼津の業者がFBにアップしていた船!?
でも早朝こんなところ航行するか?
西方向に走り去ったが他に比較する船もいないのでイマイチ大きさがピンと来ない。
艇長118mの超豪華なモーターヨット、オーナーはロシアの大富豪、何と価格は驚きの300億円!!!
ほぉ~何か凄すぎて気の利いたコメントが浮かんでこない...(苦笑)
これから瀬戸内のどこに向かうか知らないが、この海域サワラの流網多いので気を付けて...

photo

異様なデザイン、勿論ワンオフなんでしょうね...

photo

お~い、そっち犬島の北は浅いぞ~

『牛窓沖の海水温』

2018年05月07日

現在牛窓沖の海水温は15℃。
先日、尾道水道を泳ぎ切った逃亡犯には少々冷たかったかもしれないが、真鯛等の捕食が活発になる水温。
そして、アイナメ、カレイ等の冬魚とキス、アコウ等の夏魚が入れ替わる水温でもある。
ともすれば、色々な魚種が釣れていいじゃない~
でも、そこが釣りの難しいところで、裏をかかれれば冬魚、夏魚どちらも釣れないド貧果に見舞われる。
GW期間中は多くのシースタイル会員様にご利用を頂いた。
しかし、後半は強風の日が続き釣り場も近場の風裏に限定された。
この状況下スタッフの熱心なアドバイスも虚しく満足のいく釣果は得られなかった。
それならアサリでもといいたかったがこちらも現在貝毒の発生で採取禁止。
自然相手のレジャーといえばそれまでだが、これに懲りずまたのご来店をお待ちしております。

photo

6日朝練...風が無ければそこそこ釣れる

『GW直前』

2018年04月27日

GWを控え工場では船外機の換装ラッシュ! 
現在船外機の需要は国内で年間13000台余り、その内業界最大手ヤマハが7000台を占める。
20年前あたりから始まった2スト→4ストへの代替えも一巡、近年需要も落ち着いた。
また色々な場面で船外機の対応年数、寿命を問われるが...
これは使用エリアが淡水or海水、負荷の掛け方、使用時間、メンテナンス状況等でそれぞれ異なる。
特に使用頻度の少ないプレジャーの場合、駆動部分の摩耗度は軽微であっても排気・冷却系統に塩害によるダメージが多くみられる。
安心の目安としては業務で5~10年、プレジャーで10~15年といったところか...
これを過ぎると全く使用出来ないということではなく修理代が加速度的に増加してしまう。
オーナーにとって老朽化した船外機をどのタイミングで見切るか判断に迷うところだが...
船外機についてはGW中も営業しておりますのでお気軽にご相談ください。
※5月1日(火曜)店休

photo

SR-XにF115換装

photo

UF20にF60換装

photo

SRV23にF116換装

photo

UF25にF175換装

中古艇・中古ボート販売情報検索サイト キャプテンナビ