『一つテンヤ』

2018年09月19日

皆さん一つテンヤをご存知ですか?
タイラバ程メジャーではありませんが今瀬戸内で密かに流行ってる釣法。
私も昨年からやり始め、まだ人にレクチャーするほどの腕前ではないが昨日運良く爆釣~
弊社サービスマンN君と二人で総数50匹、中型クーラー3杯の釣果に恵まれた。
釣果の内訳はマダイ40枚を始めアコウ、コブダイ、カサゴ、コチ、フグ、ベラ・ハモ等々八目達成。
活エビ1kg(約150匹)を使い切ったということは3回のアワセに対し1匹の割合で釣り上げたことになる。
果たしてこの打率は上手いのか下手なのか?
現在活性がとても高く着底後必ずアタリ、魚の取込みと餌の付替えに時間を要し仕掛けが海中にある時間の方が短いくらい。
また70のマダイを水深10mの浅場で掛けるばいつまでも弱らず抵抗しテンヤの細竿は極限に曲がり、スピニングのドラッグは鳴き続ける。
まあ活エビの調達は少々面倒くさいが、何が喰ってくるか分からない、この繊細且つエキサイティングな釣りに是非ともチャレンジ下さい。

photo

の日は60オーバーが4枚混じる

photo

テンヤは固定6号に海エビ(ガラエビ)

photo

潮の弛み15~5mのかけあがりを狙う

photo

誘って食わす釣法故タイラバより上手下手は顕著

『MU-20』

photo photo

photo photo

2018年09月07日

ヤマハディーゼル用スタンドライブMU-20(100馬力前後対応)
今回は後進時アクセルを開けていくと途中でクラッチが抜け空回り。
この原因は後進ギヤの摩耗、写真では判別しにくいレベルですが...
後進ギヤを交換し修理完了。
久しぶりのメカニック講座でした。

『台風21号』

2018年09月05日

台風21号は関西地方を縦断、大阪湾を中心に甚大な被害をもたらせた。
被害に遭われた方におかれましては心よりお見舞い申し上げます。
近年、台風の被害といえば豪雨によるものが殆どであったが今回に限っては強風による被害。
都会の一見頑強なインフラも自然の猛威(瞬間風速60m)に翻弄された。
この21号も20号同様、幸いにも牛窓の東側を通過したせいで事なきを得た。
いい加減台風もこの辺で勘弁して欲しい。

photo

高潮で牛窓漁協前は冠水

photo

前島行きフェリーも運休

photo

弊社裏の町道

『試乗day』

台風も去り海面に穏やかさが戻った週末。
延期していた試乗がまさかのトリプルブッキング(汗)
台風の名残であろう浮遊物を慎重に回避しながら牛窓沖をテストラン。
お三方に措かれましては猛暑の中お疲れ様でした。

photo

UF29F牛窓瀬戸を通過中

photo

試乗後上架しトモ周りの確認

photo

CR28、初めてのFB操船に緊張気味

photo

UF26、F225のパワーと静寂性に感動

『猛暑復活』

2018年08月25日

台風20号は牛窓から60㎞の距離にある姫路に上陸その後日本海に抜けた。
幸いにも東側を通過したことにより、風(風速10m程度)も東から北(陸から)に変わり高潮被害(南風の吹き寄せ)も免れた。
また雨雲も台風中心から西にはほとんど見られず降水量も26㎜と少なかった。
そして、またぶり返した暑さの中8月最後の週末を迎えた。


photo

穏やかな牛窓港

photo

漁船も通常業務に戻って出漁

photo

マリーナでは下架作業

『台風20号接近中』

2018年08月23日

今年は台風の当たり年!
現在悪いことに20号は直撃コースでこちらに向かっている。
本日は朝から台風対策に追われている。
さあ22時の満潮でどの辺りまで水位は上がるのだろうか?
これから通過する深夜までマリーナに待機。
PS:夕方港でNHKにインタビューされたが夜のニュースで地元の漁師になっていた。

photo

避難港は二日前からこの混雑

photo

漁船も互いにロープを取り合う

photo

本日最後の上架作業

photo

陸揚げされた船もロープで固定

『お盆』

2018年08月13日

お盆、普段静かな牛窓も親戚や幼なじみの帰省で賑やか。
つい話が盛り上がり釣りでも行くか~という展開になる。
しかし幼少の頃先祖を供養するお盆は海で泳ぐこと、釣りをすること(殺生)を禁じられていた。
船の進水式さえ精霊船になるからと控えたものだ。(ボート屋は困ります)
いつしかそんな風習も薄れお盆は民族の大移動、夏の大型連休と化した。
まあそんなことで今朝も大勢で釣りに出掛けたがど貧果に終わる。
これはお墓参りもせず遊びを優先させた罰?
お許し下さいませご先祖様、なるべく早めにお参りしますので!

photo

やる気満々で釣り場に向かったが...

『稀少魚』

photo photo

2018年08月09日

魚市場の水槽を覗くと普段見ない魚が泳いでいる。
黒の魚体に受け口、一見古代魚シーラカンス、アマゾン川に生息するピラルクにも似てる。
この魚の名はタカノハ(マツダイ)
網で獲ったのか釣ったのか解らないが体長40㎝の肉厚の魚体。
以前誰かに貰い刺身で食べたが白身で美味しかった記憶がある。
ネットで調べると太平洋ではシイラ釣り(ルアー)の外道として釣れるらしい。
一度自分で釣って食べてみたいと思う。

お客様のお孫さんテル君
自己最高49センチ釣りました
夏休みの間に50アップ目指して頑張れ

20180811-133820.jpg20180811-133839.jpg

『盛夏』

2018年08月05日

昨夜、毎年恒例の花火大会も無事終わった。
早いもので来週はお盆を迎える。
それに合わせ工場では新艇の艤装と中古艇の船外機換装が急ピッチで行われている。
今年は猛暑のせいかシースタイル(レンタルボート)は好調を維持するも、ボートオーナー様(シニア層)の出港が鈍い。
そして台風13号の進路も気になる。
台風→豪雨→猛暑→台風→豪雨→猛暑、負のスパイラルはいつ終わる?


photo

新艇艤装中のYFRと船外機換装中のYF23SP

photo

この夏サービスマン用に扇風機付作業着を導入

中古艇・中古ボート販売情報検索サイト キャプテンナビ